夏休みを有効活用しよう!一気に成績を上げる勉強法とは?

今、自分の成績がなかなか伸びなくて悩んでいる方、夏休みのうちに周りを追い抜きたい方はたくさんいらっしゃるかと思います。

この記事では、そんな夏休みに周りと差をつけることのできる勉強法についてお話していきます。

夏の過ごし方

まず初めに、夏休みはどのように過ごしていくのが良いのか、お話ししていきます。

ここでお話しする3点は極めて重要な事なので、是非守るようにしてくださいね。

目標を設定しよう

最初に、勉強を始めるにあたって当面の目標を設定しましょう。

特に大学受験の勉強を行う受験生は、自分がどの大学を受けるのかはこの時点で決めるようにしましょう。

では何故、こんなにも早くから志望校を設定した方が良いのかお話しします。

実際に夏休みというのは、遊びに費やすのならかなり短く感じるかもしれませんが、勉強をして過ごすとなると負担と感じる方も多く、そういった方はこの夏をとても長いように感じるものです。

そうなると勉強に対する精神的負担も日に日に強くなり、勉強自体を挫折してしまう場合があるのです。

こういった時に目標をあらかじめ設定しておけば、モチベーションを保つことができますし、もう少し頑張ろうと再起できます。

無理な計画は立てない

次に注意してほしいのは、計画の立て方です。

後にも少し解説はしますが、結局は無理のある計画は疲れるだけで、その状態で勉強をしても逆効果になります。

なので、絶対に達成できるタスクだけを設定し、なるべく無理はしないようにしましょう。

生活リズムは守る

先程の続きとなりますが、生活リズムは守るようにしましょう。

学校が無いからとはいえ、生活リズムを乱してしまうことは学習効率も大幅に悪くなり、計画通りに勉強を行うことも出来なくなってしまいます。

なので深夜まで徹夜で勉強を行う、一夜漬けする等は全くお勧めできません。

こういった勉強は長期記憶には適さず、瞬く間に忘れてしまうのであまり役立ちませんし、身体への負担も大きいので止めておきましょう。

やってはいけない勉強法

それでは次に夏休み・その他普通の日でも行ってはいけない勉強法についてお話していきます。

これらのことは夏休みの勉強に限った話ではないので、絶対にこれから勉強を行う時には注意するようにしましょう。

解説をしっかり読まないでスルー

勉強時間は多くとっているのに、成績がなかなか上がらない方の特徴としては、「解説をしっかりと読まないで、勉強を行っている」ことが挙げられます。

問題集をやっても、〇×だけつけてスルーしてしまっていては、また同じ問題を解いた時に同じミスをしますし、成績を上げることも出来ません。

間違えた問題をできるようにするためにも、こういった間違えた問題はどこが間違っていたのか、(数学ならどこの計算式から間違っていたのか等)必ず確認するようにしましょう。

成績を上げるためにも、×だった部分にも目を向けてもう間違わないということを意識しながら勉強をしましょう。

解答解説もしっかり読み、理解できるまで解き直ししましょう。

応用問題にいきなり手を付ける

次にやってはいけない勉強法としては、いきなり応用問題を解き始めるといった勉強法です。

難しい問題が解ければ大丈夫」と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、こういった問題を解くには、基本の部分が出来ていることが必須なので仮に解けたとしても、たまたま偶然解けただけで、それと似たような問題がまた出題されたら対応できないといったケースにもなり得ません。

なので応用問題にいきなりチャレンジするのではなく、次にお話ししますが「基礎」をしっかり固めてから挑むようにしましょう。

そうしていくことで、次第に応用問題も難なく解けるようになるはずです。

周りと差をつける勉強法

最後に、夏休みのうちに差をつけるために必要な勉強法についてお話しします。

この勉強法に従って勉強するだけで、夏休み明け模試の成績の向上や志望校の合格にも近づけるので絶対にこれらのことは意識して、これから勉強をしましょう。

目標にすべき勉強時間

まずは、勉強時間です。

勉強法ではありませんが計画を立てていくうえで知っておくべきことなのでお話しします。

結論として、「10時間」を目標にしましょう。

この30日間毎日勉強を行うと考えて単純計算で、300時間も確保できるのは、この夏休みが最後です。

こういった勉強時間から、周りと差をつけていきましょう。

基礎固め

そしてこの夏の勉強で最も重要なのは、「基礎固め」です。

どんな科目でも難しい問題、応用問題を解くためには、基礎の確認が最重要です。

必要な場合は高校1年生に倣ったことから復習し、「もう確認しなくても大丈夫」となるようにこの期間を使って勉強しましょう。

目標大学が決まっている場合は、どの科目に力を入れるべきなのかを調べ、それに沿って対策を始めましょう。

苦手科目をなくしていこう

皆さんに基礎の学習と並行して行ってほしいのは苦手科目、分野潰しです。

特に国語や英語、数学といった超重要科目は、早いうちから完璧にしていく必要があります。

こういった長期間の休みは夏休みが最後なので、この期間のうちに皆さんの苦手科目を克服しましょう。

どうしてもわからない部分が出来たら塾の先生や友人に聞き、不安な部分はこの夏で無くすつもりで勉強を行いましょう!

まとめ

夏休みという期間はとても長いですが、実際に有効活用して勉強を行うと意外と短く感じてしまうものです。

もう少し勉強をしておけばよかったと後悔しない夏にするためにも、この記事でお話したことを是非守って、時間が合ったら勉強していく癖をつけましょう!

今はオンライン授業で通塾時間もかけずに、自宅で効率よく成績をあげる人も増えています。

桜凛進学塾では皆さんそれぞれの科目の効率の良い勉強法をお伝えします。

オンライン授業でも、それぞれの方に合った丁寧な指導をしていきます。

自分の望む進路を実現するためにもちろん努力は必要ですが、闇雲に勉強をするのではなく効率的に学習したほうが、より志望校合格の可能性が高まります。

もし志望校に合格したいと思っていたり、ワンランク上の大学に進学したいと思ったりしているなら、ぜひ一度、桜凛進学塾の無料受験相談にお越しください。

無駄な勉強時間を無くし進路の幅を広げる、そんな「勝ちグセの付く勉強法」をお教えします。


大宮本校
048-871-9004
〒330-0846
埼玉県さいたま市大宮区大門町3-59 オザワビル4F

浦和校
048-767-4450
〒330-0063
埼玉県さいたま市浦和区高砂3−6−18 けやきビル7F

川越校
049-293-7877
〒350-1123
埼玉県川越市脇田本町11-1川越シティビル2F

立川校
042-595-6636
〒190-0012
東京都立川市曙町1丁目22-13Crobis立川6F

サブコンテンツ