保護者の方必見!受験生に効果的な声掛けを一挙ご紹介します!

お子さまが受験を迎える親御さんの中には、親子のコミュニケーションに気を遣われる場面が多々あり、頭を抱えます…というお悩みを抱えていらっしゃる方が多いのではないでしょうか。

『親として、子供にどう接したら良いのか分からない』
『やる気になれる声掛けをしてあげたい』
『口を開けば勉強しなさい!と言ってしまう』
等々、お子さまとのコミュニケーションに問題を感じているご家庭は本当に多いです。

今回はその、『言葉掛け』に着目し、受験生が嬉しい言葉や嫌だった言葉を、実際の生の声を元にご紹介します。

是非参考にしていただき、受験生活を親子で乗り切って頂きたいと思います!

声掛けで気を付けるポイント

まずは、受験生への声掛けで気をつけて行きたいポイントを3つに絞ってご紹介します。

口出しは最小限に

基本中の基本と言えるかもしれませんが、『余計な口出しは不要』です。

率直に申し上げて、受験生は親からのアドバイスをほぼ聞いていません!(塾生からの声)

勉強に関して、親からあれこれ言われることをむしろ嫌がっています。

極端に言うと、『勉強の話題を一切しないでほしい』のです。

親は教育費を支払っているし、まだ子供だから…と考えがちですが、頻繁に声掛けするほど迷惑に感じているのが受験生です。

口出しは殆どしない、ということをまずは心得ておきましょう。

鉄則!ネガティブワードを避ける

鉄則!な言葉掛けで、『ネガティブワードを避ける』というポイントがあります。

親はついつい、勉強の進捗状況や模試の結果などに不安や心配を抱き、無意識のうちにネガティブ(マイナス)な言葉掛けをしている傾向があります。

『来週の試験、大丈夫なの?』
『ちゃんと勉強しているの?』
『今度合格出来なかったらどうするつもりなの?』

親の立場としては、これらの言葉掛けに対して『大丈夫だよ!任せて!』とか、『あと○○の教科だけ詰めれば完璧!』とか、子供からのポジティブワードを求めて安心したくなりますよね。

しかし、受験生は毎日の勉強に追われ、自分の思うようにいかないこともあり、疲労やストレスがたっぷりと溜まっているわけですから、いくら親から聞かれても、明るく返事をしたり、心配をさせなうようにしようとしたり、なんていう気遣いには到底至りません。

逆に親だからこそ、『うるさい!』『余計なおせっかいだ!』と反発をしてくることの方が多いと思います。

外ではストレスも発散出来ませんから、親に当たるのです。

ネガティブな言葉は受験生ではなくても、気持ちの良いものではありません。

認める

承認欲求が増して強いのが受験生の特徴です。

受験生は、日頃の頑張りを、勉強の出来不出来にかかわらず、褒めてほしいのです。

『最近頑張ってるね!手伝える事があったら声かけてね。』
『眠いだろうに、夜遅くまでお疲れ様。』

と、『余計なことはしないけど、いつも見ていて応援してるからね』という思いが伝わるような声掛けが良いと思います。

認められるとモチベーションがアップし、期待に応えたいと頑張るようになります。

あまり頻繁に声を掛ける必要はないので、ふとした時に『認めてあげる』のが効果的です。

受験生に聞いた!『言われて嬉しかった言葉』

実際に受験生が『言われて嬉しかった』言葉をリサーチしてみました。

参考にして下さい。

意外とシンプル

いくつか言葉をご紹介しますが、意外とシンプルな日常会話が嬉しいと感じる言葉なんだな、という印象を持ちました。

頭を抱えて悩む必要はないのかもしれません。

受験生の生の声

『いってらっしゃい、おかえり』の挨拶だけで十分!
『毎日頑張ってるね』
『何か出来ることがあったらいつでも言ってね』
『大丈夫大丈夫、○○なら心配いらないよ』
『夜食何がいい?』
『自分を信じてね、応援してるからね』
『明日は起こそうか?』

『自分の目指したい進路でいいよ!』

上記の言葉で共通しているのが、『勉強の詳細については何も触れていない』という点です。

番外編で、『こんな難しいの、もう分からない!スゴいこと勉強してるんだね』という言葉がありましたが、基本的には勉強内容には一切触れずに、生活中での応援メッセージや寄り添いの言葉が目立つように見受けます。

親の立場から考えると、少し拍子抜けするような感覚もありますね。

受験生に聞いた!『言われて嫌だった言葉』

次に、『言われて嫌だった言葉』もリサーチしてみましたのでご紹介します。

受験生の生の声

『ちゃんと勉強して!塾代いくらかかってると思っているの?』
『これじゃ合格しないんじゃない?』
『○○君と大違いね』
『どこでもいいからひとつでも合格して』
『志望校変えたら?』
『なんで成績が上がらないの?』

共通しているにはやはり、『ネガティブワード』『親の心配や不安が言葉にそのまま乗っている』という点ではないでしょうか。

言いたくなることも多々ありますよね…子供を想うが故に出てしまう言葉なだけで、そこに子供を陥れたい気持ちなんて全くないのですから。

お子さま側からしてみると、自分自身が一番不安や心配を抱えていると思うので、そこを家族に指摘されたくないといった感覚なのだと思います。

本当は分かっているけど言ってしまう

頭では『ネガティブワードは言わないように』と分かっていても、日々の生活に追われ、お子さまがなんとなく勉強に集中していないように見えると、ついつい口からマイナスな言葉が溢れ出てしまう…これは、どの親御さんでも同じだと思います。

我が子の将来がかかっていると思うと尚更です。

もし、一つ『ネガティブワード』を発してしまったら、時間が経ってでも良いので、『この間は気分が悪くなったよね、頑張っているもんね、ごめんね』とコミュニケーションをとってみてはいかがでしょうか?

もしくは、『お母さん、心配症で、ついつい余計なこと言っちゃうね』や、『お父さんも負けずに頑張らなくちゃな』等の、親御さんの思いを伝えてあげるのも効果的です。

言い慣れない言葉も、口に出すことで意外とお子さまが『あれ?いつもと違う』と反応してくれたり、たわいもない話で良好な雰囲気になれたりするものです。

難しく考えず、『言ってはいけない!』とご自身をがんじがらめにせず、影の応援団として、お子さまの頑張りを応援してあげましょう。

 

親が先に音を上げる事もある

受験勉強に頑張っているのはお子さんですが、意外と多いのが、『親が先に音を上げてしまう』という状況です。

お子さんの事が心配すぎて疲弊してしまい、次々と悪い状況を想定してしまう…

辛いですよね。

応援し続ける、その子を信じるって意外と難しい!

綺麗事ではすまされない、日々闘いだと思うと尚更音を上げたくなってしまうのは親の方です…

頑張っていればいるほど、期待値も高くなる、期待値が高くなるとそこを充足しようとして苦しくなる、期待どおりにいかないと疲れてしまい、キャパオーバーになる…

親はいつになっても子供の事を一番に考えるものですから。

対処法を考えてみましょう!

 

ストレス発散

受験生の親御さんにもストレス十分かかっています!

ストレスを発散しなるべく自分が元気でいることを優先してください。

例えば、美味しいランチを食べる、ショッピングに行く、家で映画を観る、趣味に没頭する。体を動かす。

『今日も自分は子供の心配をたくさんしちゃったけど、子供本人の方が心配に決まってる!自分は自分で疲れをためないようにしよう』

と、心がけてみてください。

普段の行動に少しだけ彩りを加え、ストレス発散を意識的に行いましょう。

 

怒りは自分でコントロール出来る

『子供の成績が上がらない』『お金をかけて塾に行っているのに何の変化もない』『家でだらだらスマホ見続けている』『勉強してない』等々子供に対する親の怒りって本当にあちこちに火種があります。

どこのご家庭も同じです!

子供に対する怒りや、指摘したくなる気持ちは、大好きな存在で成功してほしいからこその表れ。

怒ってしまったり、余計なことを言ってしまったら、すぐに子供に謝ってしまいましょう!

『言いすぎちゃってごめんね!怒る必要ないのにね』

『大好きで心配だからついつい口でちゃうね…ごめんね』

これだけでもお子さんは分かってくれます。

1日一回でも良いので、お子さんに対して怒りや苛立ちを感じてしまう場合は意識してみて下さい。

 

まとめ

受験生を抱えるご家庭にとっては、声掛け一つで雰囲気が険悪になってしまったり、うっとおしがられてしまったり、様々な場面で気を揉むような出来事が起こります。

それも、お子さまが必死に自分の未来に向かってもがき頑張っているが故の出来事だと捉え、日々の生活でお子さまがふとリラックスできるような言葉掛けを心がけると良いと思います。

桜凛進学塾では、毎日無料相談を行っておりますが、お子さまの進路相談のみならず、親御さん自身のご相談も承っております。

親御さん目線で考えるお子さまの受験、大学情報や選択肢の知識、お子さまへのアドバイスの仕方等々、桜凛進学塾の無料相談には、お母様のみ、お父様のみでご相談にいらっしゃる場合も多々ございます。

ご相談は電話やメール、オンラインでも受け付けておりますので、お気軽にご連絡下さい。

桜凛進学塾の講師陣から、自信を持ってお伝えできることがあります。

ご連絡をお待ちしております。

また、遠方であればオンライン授業も対応しております。

オンライン授業では個別指導を行っており、教室で受けるのと変わりないきめ細かいサポートが受けられますので一度ご相談ください。

<!–

自分の望む進路を実現するためにもちろん努力は必要ですが、闇雲に勉強をするのではなく効率的に学習したほうが、より志望校合格の可能性が高まります。

部活に打ち込みながら志望校に合格したいと思っていたり、ワンランク上の大学に進学したいと思っているのであれば、ぜひ一度桜凛進学塾にご相談ください。

無駄な勉強時間を無くし進路の幅を広げる、そんな「勝ちグセの付く勉強法」をお教えします。

–>

▼他の記事はこちらから▼

リアルドラゴン桜!桜凛進学塾・新宮竹虎が語る東大受験の必勝法!

【受験生】北海道大学に現役合格するために知っておきたい勉強法とは?

【受験】物理の勉強をする際におすすめの勉強法の順番を解説します


大宮本校
048-871-9004
〒330-0846
埼玉県さいたま市大宮区大門町3-59 オザワビル4F

浦和校
048-767-4450
〒330-0063
埼玉県さいたま市浦和区高砂3−6−18 けやきビル7F

川越校
049-293-7877
〒350-1123
埼玉県川越市脇田本町11-1川越シティビル2F

立川校
042-595-6636
〒190-0012
東京都立川市曙町1丁目22-13Crobis立川6F

サブコンテンツ