【2020年度最新版】西武文理高校の進学実績や倍率は?気になる評判まとめ

西武文理高校

 

高度な大学受験対策やエリート教育、国際社会に対応するための教育カリキュラムで知られる「西武文理高校」。

トップクラスの県立高、川越高校や川越女子高校の併願校としても人気があります。

 

西武文理高校を受験するという方も、

・実際にどれくらいの学力が必要なのか?

・教育方針や校風は?

・学業以外の特徴はどこにあるのか?

といったことが気になるのではないでしょうか?

 

当記事では、西武文理高の受験を検討している中学生、そして親御さんにとって役に立つ、具体的な情報をお届けします。

ぜひお読みください。

 

この記事のポイント

 

・西武文理高校は難関大学の受験に有利

・県下ではトップ10に、全国でも100位以内に入る高い学力

・国際教育、エリート育成にも熱心

・部活動も盛んで、合計35のクラブがある

 

【2020年度最新版】西武文理高校の進学実績や倍率は?気になる評判まとめ

 

2020年度西武文理高校の進学実績

 

西武文理高校-進学実績

 

西武文理高校は、現役生の合格者が国公立大学で57名(東京大学3名)。医・歯・薬・獣医学部は75名と、成果をあげています。

 

西武文理高校ってどんな高校?

 

西武文理高校にはシンボル(キャラクター)やスローガン、制服、男女比など、さまざまな特徴があります。

 

西武文理高校の特徴

・シンボル:BEAR

「冬の時代や様々な困難に耐え、努力し、やり遂げる」という願いを込め、熊(BEAR)が学校のシンボルになっています。

 

・スローガン(3つの力を育む)

 1.進学力:難関大学に合格する高度な学力

 2.人間力:自立心や創造力、判断力など総合的な力

 3.グローバル力:次世代の国際社会で活躍する力

 

・西武文理高校の制服

イギリス王室のタータンチェック柄をモチーフとした、気品のあるデザインがベースです。

 

・各学科の男女比

(割合は男子:女子)

 普通科 6:4

 理数科 8:2

 英語科 4:6

 

・クラブ加入率

生徒のクラブ加入率は85%前後です。クラブ活動を熱心にする生徒も、毎年多数、難関大学に現役合格しています。

 

・昼食のスタイル

お弁当の持参が推奨されています。ただ、学内には食堂もあり、昼休みには日替わり弁当やデザートなどが販売されます。

 

・通学のスタイル

自宅、あるいは学校付近の駅からの自転車通学が認められています(学校に登録が必要)。

 

学科の特徴

 

学科は普通科・エリート選抜東大クラス・理数科・英語科の4つに分かれます。

 

<普通科>

テーマ:国際化・高度情報時代を生きる学際的な人材を育成

 

<特徴>

「発展的な将来のため、基礎学力が必要」という理念を掲げ、一部の選択科目以外、全生徒が共通の教科・科目を学習します。

文系(A類型)と理系(B類型)にわかれるのは3年次です。

体験学習やゲストティーチャーの招聘、生徒面談など、生徒を成長させる様々な機会を提供します。

 

 ―― 

 

<エリート選抜東大クラス>

テーマ:東京大学をはじめ、超難関国公立大学への現役合格をめざす精鋭のクラス

 

<特徴>

クラスは普通科に所属。しかし、現役で東大・京大など超難関国公立大学の合格を目指すため、授業は特別カリキュラムが設定されています。

 

 ―― 

 

<理数科>

テーマ:科学技術の発展に貢献する英才を育成、3年次は大学入試に直結した実践演習

 

<特徴>

教科書の学習は、ほぼ1・2年次で終了。受験対策を行いながら、豊富な実験と観察実習を継続。医療、科学技術、教育などの最先端分野に進む生徒のため、土台作りを重視にしています。

 

 ―― 

 

<英語科>

テーマ:次世代の国際社会に貢献できる国際人の育成をめざす

 

<特徴>

英語力および、歴史・文化・宗教などの教養を高度に身に付け、国際人を育成するコース。難関私立大学の現役合格を目指します。

 

 

西武文理学園高校の部活動

 

西武文理学園高校-部活動

 

体育系、文化系を合わせて35のクラブが活動中です。

部活は生徒が中心となり、仲間とともに探究心や自主性、主体性を育みます。

 

・体育会系

硬式野球部

ラグビー部

サッカー部

陸上競技部

男子硬式テニス部

女子硬式テニス部

女子バレーボール部

男子バスケットボール部

女子バスケットボール部

卓球部

男子バドミントン部

女子バドミントン部

剣道部

空手道部

弓道部

ライフル射撃部

女子ソフトボール部

体操部

ダンス部

スキー部

 

・文化系

放送部

フォークソング部

文芸部

映像製作部

吹奏楽部

ハンドベル部

合唱部

美術部

鉄道研究部

科学部

書道部

英語部

インターアクト部

漫画研究部

社会科研究部

演劇部

奇術研究部

茶道講習会

 

偏差値と学費

 

・偏差値:66~72

埼玉県内の高校としては、上位10校に入る難関校です。全国順位でも100位内に校名が挙がります。

 

・学費(初年度学納金)

入学金:250,000円

海外研修旅行積立金:280,000円

施設設備費:150,000円

副教材費:61,000円

授業料:360,000円

諸経費:162,000円

教育充実費:100,000円

給食費:73,527円

—————————–

合計:1,436,527円

 

 

西武文理高校に通うことのプラス

 

難関大に現役合格するレベルの授業だけではなく、エリート教育や国際社会で通用する人材育成を実践する西武文理高校。

生徒が社会に出る前の土台作りを丁寧に、かつ具体的に実践しています。

 

国際社会や未体験の環境に対応する能力・感性は、社会に出てからの職場や同僚たちとの連携力だけではなく、生徒がいずれ家庭を築いたとき、家族関係やパートナーとの関わり方、子どもに対する姿勢にも影響するはずです。

 

また、新型コロナウイルス感染拡大により、先行きが不透明になった現代社会にあって、必要とされる能力が養える環境が整った学校だともいえます。

 

西武文理高校は生徒だけではなく、授業・教育指導を行う教員にも「創意と工夫」を求めています。

これは生徒からすれば、大人が向上心と意匠を持って業務にあたる姿を間近にしながら、学校生活が送れるということ。

生徒が理想とする人物像に好影響を与えることでしょう。

 

西武文理高校の評判

在学生やOB・OG、学校関係者は、西武文理高校についてどう感じているのでしょう?

 

<在校生>

春休みなどの期間中にも講習が用意されているため予備校よりも効率的な受験準備ができます。365日開いている自習室も完備されており、放課後や休みの日も学習することができます。

 

 

<卒業生>

私が所属していた普通科コースは勉強と部活の両立がしやすいコースでした。

英語科コースは3年間1クラスのみなのでクラスメイトがかわらずクラス内の結束が強く、特有のノリがあるイメージでした。2年の夏休みで1ヶ月間の留学があります。

 

 

<保護者>

理事長のお話も内容は至極もっとも、聞いていて気づかされることもありました。校長や担任、部活顧問など職員の皆様はとてもよく対応してくださいます。

 

桜凛進学塾について

 

この記事を読んでいるみなさんの中には、西武文理高校に行きたい!という方もいるのではないでしょうか?

 

「川越近辺の高校を受験する!」

「高校受験で成功したい!」

という生徒さんは川越駅から徒歩2分に校舎を構える桜凛進学塾川越校にぜひお越しください!

 

桜凛進学塾は1コマ110分の個別指導塾で、生徒さんの状況に応じた最適な授業を行うことを基本としています。

基礎力の養成から難関高校に合格できるレベルまで生徒さんの理解を見ながら指導すると同時に、生徒さんの精神面までサポートしています。

 

桜凛進学塾川越校のページはコチラ

 

西武文理高校は自主自立を大事にしているので、高校入学合格後もしっかりと大学合格に向けて勉強する必要があります。

 

その際、大事になってくるのが「効率的な自学自習」です。

 

桜凛進学塾では、中学生のうちから効率的な自学自習方法を伝授していくので、高校入学後もスムーズに難関大学を目指すことが可能です。

 

桜凛進学塾で北辰テストも入試本番もクリアし、第一志望合格を掴み取りませんか?

 

また、桜凛進学塾は大宮駅と南浦和駅にも校舎を構えています。

ご自宅に近い方が良いという方は、ぜひそちらもご覧ください!

 

桜凛進学塾大宮本校のページはコチラ

桜凛進学塾南浦和校のページはコチラ

 

 

西武文理高校の進学実績や偏差値まとめ

 

生徒の自立心や想像力を育み、難関大学の合格を目指す西武文理高校。

 

国際社会を見据えた教育方針もユニークですし、時代に即しています。

 

東大や京大を始めとした難関大学の現役合格者も多く、生徒主体の部活動も盛んです。

 

偏差値66~72という県下屈指の進学校に入学できれば、個性や感性が磨かれ、自分らしい人生の第一歩が踏み出せるでしょう。

 

関連記事

 

【2020年度最新版】川越高校の進学実績や倍率は?気になる評判まとめ

 

【2020年度最新版】川越女子高校の進学実績や倍率は?気になる評判まとめ

 


サブコンテンツ