【英語長文】確実に伸びる!大学受験への英語勉強法

 

前回は
英語長文のおすすめの教材について
お伝えいたしました。

 

今回は、
その教材を使ってどのように勉強していったらいいのか、
具体的な勉強法について紹介していきます。

 

英語長文の勉強法、と言われても
あまり意識したことがない人も多いと思いますが、
ただ問題を解いているだけでは成績は上がりません

 

ではどうしたらよいのか?

 

必ず成績が上がる勉強法をお伝えするので、
ご安心ください!

 

 

目次
➀英語長文の勉強法最大のポイントは「英文」を読むこと
②知っておくべき!最近の傾向
③やってしまいがちな間違った勉強法

 

 

➀英語長文の勉強法最大のポイントは「英文」を読むこと

 

 

 

初めに
よく覚えておいてほしいのは、
英語を読めるようになりたかったら、
英語を読むことがなによりも大切!ということです。

 

当たり前のことにように聞こえるかもしれませんが、
英語が苦手な人ほど、
英語の勉強で英語を読んでいません

 

どういうことかというと、
英語の勉強をしているつもりでも、
解説の部分の日本語を読んでいる時間が長すぎて、
英語そのものを読んでいる時間が短いのです。

 

長文の勉強に限らず、
英語で書かれた英文を、
意味をとりながら読んでいく時間を確保してもらいたいです。

 

 

②知っておくべき!最近の傾向

 

 

 

 

最近の入試の傾向としても、
一昔前に比べて難解な文章の量は減っているものの、
長文の長さ自体は長くなっています。

 

また、5-6年ほど前に比べると、
難しい構文の入った英文を和訳させる問題よりも、
文章の流れをきっちり理解できているかを問うような
和訳問題が増えてきています。

 

特に、
京大などをはじめとする難関大は、
やはり学生の苦手なところを見抜いて
時代に合った問題を出してきていますね。

 

勉強を始める際には、
まずは最新の傾向や志望校の問題形式
しっかり確認しましょう。

 

 

③やってしまいがちな間違った勉強法

 

 

 

ノートに全訳を書いてはいけない

 

最近の超長文の傾向に対応するためにも、
文章の流れを把握しながら
長めの長文を読んでいく力を身につけていく必要があります。

 

では、
効果的な長文の勉強の仕方について、
ポイントをお伝えしていきます。

 

真面目に頑張るタイプこそやってしまいがちなのは、
ノートに英文をそのまま移したり全訳を書いたり、
非常に時間がかかる勉強法です。

 

もちろん、
全訳を書くことが悪いわけではないのですが、
時間が限られている受験生に向けては、
おすすめしません。

 

想像してみてください。
1回全訳を書く時間があれば、
同じ長文を10回は読み込めます

 

だったら、
10回繰り返すほうが確実に力になるのは
イメージしやすいですよね。

 

 

繰り返し勉強してスラスラ読める長文を増やそう

 

基本的には、
長文の勉強として最も大切なことは、
自分がスラスラ読める長文を増やしていくことです。

 

学校や塾・自習などで勉強する英語の長文も、
1回読んで、問題解いて、答え合わせして
終わりにしてしまうのは
あまりにももったいないです!

 

せっかく一度読んだ長文なのですから、
スラスラ読めるくらいまで、
何度も繰り返し読んでおくようにしてみましょう。

 

 

 

英語長文の勉強の仕方まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか。
英語長文の勉強の仕方について、
頭に入りましたでしょうか。

 

➀英語長文の勉強法最大のポイントは「英文」を読むこと
②知っておくべき!最近の傾向
③やってしまいがちな間違った勉強法

 

とにかく、
少なくとも文章がある程度正確に読めないと、
問題も解けるはずがありません。

 

というわけで、
まずは実力アップ最短ルートの、
英語の文章をすらすら読める状態を目指しましょう!

 

 

桜凛進学塾では、
この記事の様に、自習での勉強のやり方まで詳しく指導いたします。

 

 

勉強していてもなかなか成績が上がらない、
それは、あなたの理解力や努力不足のせいではありません

 

 

自分の望む進路を実現するためにもちろん努力は必要ですが、
闇雲に勉強をするのではなく効率的に学習したほうが、
より志望校合格の可能性が高まるとは思いませんか?

 

 

もし部活動に打ち込みながら志望校に合格したいと思っていたり、
ワンランク上の大学に進学したいと思っているなら、

 

 

ぜひ一度、桜凛進学塾の無料受験相談にお越しください。

 

 

無駄な勉強時間を無くし進路の幅を広げる、そんな「勝ちグセの付く勉強法」をお教えします。

 


人気の記事

サブコンテンツ