失恋して勉強に集中できない…そんな時の対処法があります!

失恋は本当に辛くて切ないものですね。

『人生終わった…』と嘆き悲しむ時間も多く、食事も美味しく感じないし、眠れない、勉強なんて尚更手につかない、という状況に陥ってしまうのも無理はありません。

受験を控えているのに、勉強が手につかないだなんて、もう焦燥感でいっぱいになってしまいます。

そんな時に、この記事を思い出して下さい!

対処法や、勉強が失恋の良薬になる理由をお伝えしています。

きっと、前を向いて一歩踏み出せるはずです!

失恋で悲しくなるのは当然!な理由

失恋で悲しくならない人はいないと思います。

この心理には、当然の理由があるからなのです。

当然の理由とは一体???ご説明していきたいと思います。

脳の問題

失恋した時に勉強に集中できなくなるのにはきちんと理由があります。

一つ目は、脳の問題です。

失恋時には、心だけでなく、脳も傷をつきます。

心に大きなダメージを抱えると、体内でコルチゾールという物質が分泌されます。

この、コルチゾールという物質が脳の海馬という短期記憶を司る部分を損傷させてしまうのです。

海馬が損傷されてしまうと、新しい記憶をしづらくなり、古い記憶が蘇ってくる状態に陥ります。

いつまでも失恋で悲しい気持ちを引きずってしまうのは、脳が損傷を受けているんだ、と思うと納得です。

『悲しんじゃいけない、忘れなくちゃいけない』と一生懸命思っても、脳のダメージを回復させるには程遠いわけですから、一旦悲しい自分をきちんと受け入れてあげましょう。

ホルモンの問題

二つ目は、ホルモン問題です。

恋愛の真っ最中は、ドーパミンというホルモンが大量に分泌されています。

ドーパミンは俗に『幸せホルモン』『やる気ホルモン』と言われている物質です。

恋愛中の人がキラキラと輝いてみえるには、このドーパミンが影響しています。

しかし、失恋してしまうと、このドーパミンの大量放出にストップがかかります。

ドーパミンが欠乏する=やる気が失われる、無気力になるという状態になってしまうのです。

脳やホルモンが失恋の傷を作っていると知れば、無駄に抵抗しても仕方がない、生理的な現象でみんな同じなんだ、と、少し落ち着けると思います。

対処法

では、心も脳もダメージを受けている状態からどうやって脱却を試みれば良いのでしょうか?

三つにまとめてご紹介します。

失恋話を誰かに聞いてもらう

非常に有効な対処法は、『失恋話をとことん聞いてもらう』事です。

この場合、家族よりも気心の知れた友人の方が話しやすいかもしれません。

人は、悩みや不安をアウトプットし、誰かに同調を得ることでスッキリする事が多々あります。

自分は今、失恋から立ち直れていないんだ!という事を思う存分聞いてもらいましょう!

勉強時間を小間切れにする

失恋から立ち直れていない状態で、長時間勉強に励む事は辛いですね。

でも、勉強しないといけないし、なかなか集中できないと焦りとばかりが募ってしまって更に精神的なダメージを被ってしまったり…という状態に陥らないように、勉強時間をかなり短く小間切れの状態にすることをおすすめします。

時間を区切れば『15分だけは集中して勉強しよう』『漢字練習だけはやってしまおう』と、少しだけ頑張ろうという意識を働かせることが出来ます。

海馬が損傷していることで短期記憶がしづらくなっている為、ひたすら書いて覚えることが出来る漢字練習や思考力重視の問題に取り組むことをおすすめします。

別の人だったらどう考えるかを想像する

尊敬する人を思い浮かべてみて下さい。

その人がもし失恋をしたら、自分と同じ状況に陥ったときにどんな対応をするのかな?と想像してみてください。

自分が憧れている人ですから、きっと良い方向に向かう姿を想像するのではないでしょうか。

身近にそのような存在の人がいない場合は、好きなドラマや漫画の登場人物と重ねてみても効果的です。

勉強は失恋の良い薬になる

失恋すると勉強に集中できない…と捉える人が多いと思いますが、実は勉強は失恋の良薬になり得る事をご存じですか?

そんなことはない…と疑心暗鬼にならず、後述を参考にしてみて下さい。

達成感が回復の鍵

短く時間を区切って勉強することを先程ご紹介しましたが、これを少しずつ繰り返すことによって、自分の中に小さな『達成感』が芽生えます。

達成感はドーパミンを分泌させることに大きな影響を与えます。

勉強は達成感を得やすく、失恋で失ってしまったドーパミンを再び復活させることが出来るのです!

新しい刺激を少しずつ脳に送り込むことが出来る意味でも、勉強は非常に効果があります。

海馬が回復してくると脳内が活性化し、新しいことが少しずつ記憶されるようになるのです。

失恋は脳にとっての失敗体験で、逆に、勉強で達成感を積み上げていくことが成功体験になるので、脳が復活し、前向きになることが出来ます。

何も手つかず、ボーッとしてしまう時こそ、何か少しでも問題をといたり、漢字や英単語を書きなぐったりしてみると、気分も紛れて少しの間失恋の傷から解放されます。

少しを積み重ねて、今日も少し頑張ったを積み重ねていきましょう。

短い時間でやりきれる勉強を自分でセレクトし、手を動かしてみてください。

時間と共にダメージも癒えてきます。

まとめ

失恋した辛い気持ちがいつまでもいつまでも消えない、ということはありません。

脳も心も時間と共に癒され、ダメージは自分次第で直ぐに回復させることが出来るのです!

  1. 失恋で勉強に集中できないのは、脳やホルモンの問題があるから。
  2. 対処法は、人に話す、時間を区切って勉強する、尊敬する人の対応を想像する
  3. 勉強から得られる『達成感』は、失恋でダメージを受けた脳を回復させる良薬

失恋したから勉強に集中が出来ない、という考え方を逆転させ、『失恋で負ったダメージを勉強で少しずつ埋めていこう!』と考えられるようになれば、一つ大きな山を超えた経験を得ることが出来ると思います。

大丈夫、また、新たなスタート!と、背筋を伸ばし、勉強でパワーで前を向いて行きましょう!

桜凛進学塾では、毎日無料相談を行っており、様々なお悩みに対するアドバイスを行っております。

失恋したけど、勉強でリベンジしたい!という気持ちをご相談でぶつけていただいても構いません!

桜凛進学塾の講師陣も様々な挫折や不安、経験を乗り越えてきた講師ばかりで、受験生当初は同じ悩みを抱えていた『同士』です。

ご相談は電話やメール、オンラインでも受け付けておりますので、是非ご連絡下さい。

ご連絡をお待ちしております。


大宮本校
048-871-9004
〒330-0846
埼玉県さいたま市大宮区大門町3-59 オザワビル4F

浦和校
048-767-4450
〒330-0063
埼玉県さいたま市浦和区高砂3−6−18 けやきビル7F

川越校
049-293-7877
〒350-1123
埼玉県川越市脇田本町11-1川越シティビル2F

立川校
042-595-6636
〒190-0012
東京都立川市曙町1丁目22-13Crobis立川6F

サブコンテンツ