みんな知ってる?英文法の正しい覚え方と間違った覚え方とは?

大学受験の英語が苦手で、その中でも英文法が特に苦手な方はかなり多くおられると思います。

この記事ではそんな方に向けた英文法の重要性や効率の良い覚え方まで解説していこうと思います!

英文法はどれくらい重要なのか

まず、大学受験においての英文法の重要性を解説していきます。

ここでは「英文法を勉強する意義」「英文法学習での注意点」の二つで、英文法の大切さをレクチャーしていきます。

英文法を勉強する意義

それでは、そもそも英文法は重要なのでしょうか?

実は大学受験において文系理系関わらず重要になってくる科目は英語で、その中でも長文を読んだりするにあたって文法は必須になります。

単語が分かればある程度読めるからいいという方が中にはいらっしゃいますが、文法問題などで確実に点数を取るためにも学習はしなければなりません。

そして英文法は、英語学習の土台であり英語のルールなので、それを身に付けさえすれば、
リーディングやリスニング、ライティング、スピーキングすべてに役立ちます。

ですが英文法は単語の暗記のように、すぐさま身に付くものではないので積み重ねて覚えていくことが重要になります。

英文法学習での注意点

それでは次に「注意点」について解説していきます。

まず一つ目は、「ただひたすらにインプットだけをしない」です。

ただひたすら暗記をするのではなく、しっかり英語を使いこなすことが目標という点に注意しましょう。

二つ目は、「なぜ間違えたのか確認」です。

これは英文法だけに言えたことではありませんが、必ず間違えた問題は振り返り、何をどう間違えたのか復習しましょう。誤答した問題は二度と間違えないくらいの勢いで学習していきましょう。

英文法の間違った覚え方

悩める人

次に正しい覚え方の前に、間違った覚え方を先に確認しておきましょう。

この記事では「慣れていないのにひたすら問題を解く」「参考書に書かれたことを丸暗記」の2点を解説します。

慣れていないのにひたすら問題を解く

英語を本格的に勉強し始めた人にありがちなのは、「慣れていないのに英語の文法問題を解く」という点です。

すでに英文法の参考書を読みこなし、ある程度は知識に自信がある方は構わないのですが、まだ慣れていないうちはなるべくインプットから始めましょう。

早いうちから解くのをお勧めしない理由としては、自分の回答した問題がたまたま当たった場合や問題を間違えたときに、なぜ正答しているのか、誤答しているのかが分からないまま問題を解き続けてしまう可能性があるからです。

>英文法の上達のためには、どこをなぜ間違えたのかが自分でも解説できるレベルまで持っていく必要があります。そのためにある程度の知識は覚えてから問題に臨むようにしましょう。

参考書に書かれたことを丸暗記

次は、インプットの誤った覚え方で、参考書をそのまま丸暗記はおすすめできません

確かに参考書の知識を覚える点というでは、何もしないよりは丸暗記の方が良いのは明らかですが、効率を優先するならただ丸暗記するより重要点や、注意点を意識しながら覚えましょう。

この重要点を意識するだけで、英文法の重要な知識をしっかり身に付けることができ、アウトプットにも応用することができるようになります♪

英文法の効率の良い覚え方

勉強している人

それではいよいよ英文法を効率よく勉強できる方法をお教えしていきたいと思います!

ここでは、「音読をする」「分野ごとに学習」「人に教えられるくらいまで演習」の3点に注目し、それぞれのメリットもご紹介します。

音読をする

英文法の第一歩として、「音読」がカギになります。

ここで何故英文法に音読が重要なのか疑問に思われる方もいらっしゃる方もおられると思います。

実はしっかりと音読ができない人は、英文法が理解できないことが原因になっている場合があります。

書かれた英語の内容を理解するには英語の音読が必須なのです。

逆に考えると音読が速くなれば、自然と長い長文も素早く読み理解できるようになっていきます。

この際の方法ですが、一つのパラグラフを何回も音読してみましょう。難しいパラグラフでも何回も読んでいくうちに、文の構造を分析する力や、リーディングスキルもみるみる上達させることができます。

分野ごとに学習

文法力を上手くつけるには、分野ごとに学習することも効果的な方法と言えます。

毎日文法書を何ページから何ページまでと区切って進めるのではなく、「時制」、「仮定法」、「動詞の語法」等のような分野全体毎に勉強していきましょう。

歴史で時代ごとに勉強をするように、英語も単元ごとに学習していくことが非常に大切になります。

この際しっかり反復して知識を忘れないようにしましょう!

人に教えられるくらいまで演習

こちらも英文法に限った話ではないのですが、自分がただ納得して勉強を進めるのではなく、
友達など周りの人にもその単元の内容を、完全に説明できるくらいまで暗記しましょう。

自己完結型のインプットより、他人に教えるというアウトプットをすることで自分のその知識への理解度をさらに深めることができるようになります。

ある程度知識がついて演習が解けるようになってきたらぜひ試してみてください!

まとめ

以上説明してきたように、英文法はただ学ぶのではなく注意点や、なるべく効率の良い覚え方を意識して取り組むことを忘れないようにしましょう。

最後にもう一度まとめると

誤った覚え方

  1. 慣れていないのに問題を解き続ける
  2. 何も意識せずに参考書を丸暗記

正しい覚え方

  1. 音読をする
  2. 分野ごとに学習
  3. 人に教えることができるくらいまで演習

この点を意識し英語を得意科目にしましょう!!

ですが英語の成績がなかなか伸びず、できるならさらに効率よく成績を上げたいという気持ちもあると思います。

今はオンライン授業で通塾時間もかけずに、自宅で効率よく成績をあげる人も増えています。

桜凛進学塾では、このような英語、英語以外の科目でも効率の良い勉強法をお伝えします。

オンライン授業でも、それぞれの方に合った丁寧な指導をしていきます。

自分の望む進路を実現するためにもちろん努力は必要ですが、闇雲に勉強をするのではなく効率的に学習したほうが、より志望校合格の可能性が高まります。

もし、部活動に打ち込みながら志望校に合格したいと思っていたり、ワンランク上の大学に進学したいと思ったりしているなら、ぜひ一度、桜凛進学塾の無料受験相談にお越しください。

無駄な勉強時間を無くし進路の幅を広げる、そんな「勝ちグセの付く勉強法」をお教えします。


大宮本校
048-871-9004
〒330-0846
埼玉県さいたま市大宮区大門町3-59 オザワビル4F

浦和校
048-767-4450
〒330-0063
埼玉県さいたま市浦和区高砂3−6−18 けやきビル7F

川越校
049-293-7877
〒350-1123
埼玉県川越市脇田本町11-1川越シティビル2F

立川校
042-595-6636
〒190-0012
東京都立川市曙町1丁目22-13Crobis立川6F

サブコンテンツ