栄東高校から大阪大学経済学部に現役合格、中西遥斗さんの場合

中西 遥斗さん

出身高校

栄東高校

合格大学

大阪大学経済学部

桜凛進学塾を知ったきっかけと、入塾の経緯を教えてください。

そもそも、添削をしてくれる塾を探していました。

英語とか国語は、学校や自分の勉強だけでは細かいポイントまで押さえるのはムリと思っていたからです。
夏くらいに、このままではヤバいと焦っていたら、友達が桜凛進学塾に通っていて、「とても細かく添削してくれて、フィードバックも分かりやすく良い塾だ」とおススメされて、入会しました。
また、大阪大学の対策方法は東大や京大と違い、なかなか情報の入手が困難で、書籍やwebで入手できる阪大の合格体験記の情報をもとに勉強をしていましたが、それだとその勉強方法が自分に合っているか不安でした。

そこで、教えてる人の視点からもどんな教材が自分には良いか等のアドバイスも欲しいと思っていたら、先ほどの友人から「桜凛進学塾は、志望校別だけではなく、自分の得意不得意やクセまで考慮してくれて、勉強のアドバイスをもらえる」と言われたのも、入塾のきっかけです。

具体的に桜凛での添削はいかがでしたか?

英語について

まず、自由英作文についてですが、文法的なミスはほとんどしないようになりました。分かっていても、ついクセで間違えてしまう文法などがあったのですが、意外と自分で気づかないものも多く、桜凛進学塾の先生から指摘されて意識できるようになったと思います。
ただ、問題のテーマによって文章を書けるか書けないのかのブレは大きく、経験則は必要なので、みなさんにはもう少し早めからの対策をおすすめします。
あと、そもそも教養がないと自由英作文は書けないので、みなさん、特に栄東高校の後輩はよく本を読んでおいた方が良いと思います。
和訳は、かなりの量を添削してもらいました。英語はあまり得意ではなく、文の構造が取れているだけで最初喜んでいましたが、気付くと出来るのが当たり前になり、最終的にはよりきれいな日本語で書ける意識まで持てる様になりました。
英語を武器にすることが出来たのは、受験において非常に有利で桜凛進学塾にお世話になって本当に良かったと思います。

数学に関して

桜凛進学塾は、大学生講師が多いのですが、どの先生も予備校の講師以上に数学が得意で、誰に質問しても深いところまで解説してくれて、難問を見ても自然な発想で問題が解ける様になり驚きました。
日頃勉強していて分からない問題があっても、すぐに聞ける環境でスムーズに受験勉強をすることが出来ました。

国語に関して

阪大の国語は、問題文全体を俯瞰した上で、説明を書いていかないといけないのですが、とにかく記述の文字数が多いのが特徴です。
記述はある程度解ける様になると、自分の書いた答案が、満点の答案に見えてくるのですが、自分ひとりでは気づかないポイントをたくさん指導してもらえて、確実に点数を伸ばせたと思います。
また、国語自体がなかなか時間を割きづらい科目なので、授業で必ず週に1回解くクセがつけられたのも良かったです。

最後に受験生にメッセージをお願いします。

夏にダレてしまって、秋の模試の判定が悪かったので、ちょっと焦りました。
1年間ずっと勉強し続けていたら、もっと安心して入試に臨めたと思います。
みなさんは最後まで気を抜かず、とにかく受験勉強してください。
また、栄東高校の後輩で、SCCを受講している人は、もしSCCやめるのであれば、気を抜かずに勉強してください。
SCCでは、なんだかんだ多くの勉強量を確保することができます。
SCC行かない人で、独学で勉強できない人は、塾に行って、勉強量を確保した方が良いです。
自分の受験なので、何をやればいいのか他人任せにせずに、自分に何が必要か自分の頭で考えて行動することも、難関大に合格するのならば必要だと思います。
たとえ不安だとしても、先生の言うことを鵜呑みにせずに、何を勉強するべきか自分で考えた上で先生とディスカッションすることが必要です。
そういう意味では、桜凛では、自分には何が必要なのかを考えた上での意見に対して、プラスのアドバイスをしてもらえて良かったです。
マニュアル的に勉強するための指導ではなく、本当に自分の成績を上げるための指導だと、いつも実感できました。
また、自分の志望校に受かってる人や、進学実績がある塾の先生など、相談する人も見極めましょう。
このネット社会では、出身大学や実績がよくわからい先生や、塾がweb上での発信者があること多く、そういう人の言う事を勝手に信じるのは危険だと思います。
その点、桜凛進学塾は、個別指導であるにも関わらず、かなりの合格実績を出しているので、安心して相談できました。


サブコンテンツ