洋楽で英語の勉強!?

洋楽が好きなのに英語の成績はさっぱり、
そんな人も少なくなでしょう。
では、洋楽は英語の勉強に使えないのでしょうか。
むしろ、正しく使えば、最高のリスニング教材になります。

  • 洋楽を使った勉強法のメリット
  • 洋楽の正しい利用方法

英語の勉強に洋楽を用いるメリット

学習が苦にならない

机にかじりついての勉強というわけではないので、参考書を読むよりは精神的に楽です。

正しい発音を覚えられる

音声あってこその曲ですからお手本が存在するので、
まねをすることで正しいものを覚えられます。

単語と単語のつながりや単語ごとの強弱をつけた読み方を覚えられる

リエゾンとよばれる、once up on a time を
ワンス アッポンナ タイム のように単語をつなげて発音する現象を学ぶことができます。
またaやtheなどの単語は弱く発音されることなどが覚えられます。

繰り返し勉強しやすい

繰り返し曲を聴いたり歌ったりするだけで、
英語の学習で重要になる反復学習ができてしまうのです。

アウトっプットの機会がある

その曲を歌ってみることで、簡単にアウトプットの練習ができます
ただしい発音とリズムで歌わないとずれて歌えないので、
カラオケで歌ってみると正しく歌えているかどうかのいい確認になるでしょう。

洋楽を使った英語の勉強法

step1.曲を選ぶ

好きな曲を使うのが大事です。
洋楽を使って勉強するときに
最も大事なことは繰り返すことだからです。
ただ、どのような曲がよりよいかというと、
スローテンポで鉛の少ないものがよいでしょう。
洋楽に詳しくない方は”The Beatles”の曲を
いくつか聞いてみて気に入ったものを選ぶといいでしょう。

step2.歌詞を見ないで聞いてみる

まずは、歌詞なしで、できるだけ単語を
聞き取ろうという気持ちできいてみましょう。
ほとんど聞き取れないと思いますが、
慣れていない人はそれで普通なので落ち込む必要はないです。

リスニングを強化したい人はこのstep2を
何回かやってから次のstepにいきましょう。
そうではない人は次のstepにいきましょう。

step3.歌詞を見ながら聞いてみる

知っている単語でも聞き取れていないもの
まちがって聞き取っていたものがあるはずです。
歌詞の意味はとりあえず置いておいて、
英語とその発音の対応を確認していきましょう。

step4.歌詞の意味を理解する

主語、述語を確認し、知らない単語を確認していきましょう。
その後、歌詞の意味をおおまかにとらえてしまいましょう。

その後は、歌詞の単語がすべて聞き取れるようになるまでstep3を繰り返し、
その後、歌詞なしでもすべて聞き取れるようになるまで、聞きこみましょう。
それに並行する形で、英語の歌詞を口ずさめるようになっていきましょう。

以上のことを参考にしつつ、
楽しく英語を勉強していきましょう。


大宮本校
048-871-9004
〒330-0846
埼玉県さいたま市大宮区大門町3-59 オザワビル4F

浦和校
048-767-4450
〒330-0063
埼玉県さいたま市浦和区高砂3−6−18 けやきビル7F

川越校
049-293-7877
〒350-1123
埼玉県川越市脇田本町11-1川越シティビル2F

立川校
042-595-6636
〒190-0012
東京都立川市曙町1丁目22-13Crobis立川6F

サブコンテンツ