四谷学院川越校ってどんな塾?特徴や評判 | 川越市の学習塾や予備校情報

四谷学院川越校

四谷学院川越校は小人数のグループ授業で個別指導(小4~6・中・高・高卒・高認)を行なっています。

 

「55段階個別指導」と「科目別能力別授業」を2本柱とした『ダブル教育』が、とりわけ高校生・浪人生を志望校に合格させる『大学受験予備校』として知られます。

 

今日は、そんな四谷学院川越校の基本情報や特徴、通った場合のプラスをご紹介します。

 

・四谷学院川越校は生徒一人ひとりのペースを重視
・「55段階個別指導」と「科目別能力別授業」の相乗効果で学力UP
・月に1度の昇級テストが学習の励みに

 

四谷学院川越校の基本情報

<対象学年>
高校生

 

<所在地>
埼玉県川越市脇田本町14-15 四谷学院ビル

 

<アクセス>
JR線・東武東上線川越駅西口より徒歩1分

 

<電話番号>
049-246-6271

 

<受付時間>
受付時間 9:30~21:00(日曜日のみ17:00)

 

四谷学院川越校のダブル教育

ここからは、四谷学院川越校が進める「ダブル教育」の内容を見ていきましょう。

 

四谷学院川越校のダブル教育 その1.55段階個別指導

55段階個別指導とは、合格のための知識やテクニックを、効率的・段階的に学べるカリキュラムです。

 

「年間の授業回数から逆算したペース配分」や「合格者をモデルにしたスケジューリング」、「55段階指導を分析・運用する担任の進路指導」などに特徴があります。

 

55段階指導は中1レベルの内容から始まり、最上級は東京大学に合格する難易度に到達。

 

生徒の「解答力」を重視し、理解度や認識が足らない箇所は、その場で専任講師が個別指導を行います。

 

こうした指導により、基礎力を身につけた上で、段階的な学力の向上が期待できます。

 

四谷学院川越校のダブル教育 その2.科目別能力別授業

科目別能力別授業とは、学力を体系的に身に付け、志望大学の合格に近づくための仕組みです。

 

たとえば国語なら、「現代文」「古文」「漢文」をひとまとめにすることなく、個別に実力判定することで、現状に適した授業を選定します。

 

このように科目内の単元ごとに、きめ細かくクラス分けされることで、自分にぴったりの学習ペースが保持され、ライバルの成長や学習速度に悩まされることなく学力を向上させられるのです。

 

月1に1度、希望者はレベル診断テストが受けられ、合格すれば上級クラスに移動します。

 

四谷学院川越校のコース

四谷学院川越校には4つのコースがあります。

 

<高1生コース>
勉強や部活、プライベートなど高校生活を満喫しながら、学校の成績を底上げするコースです。

 

この時期から大学受験を意識したカリキュラムによって、本格的な受験勉強の土台作りを目指します。

 

<高2生コース>
大学入試の基礎を確立するコースです。

 

現役で難関大学合格を目指す生徒が多数。

 

学校生活と両立させながら、「基礎力の確立」と「受験対策」を行います。

 

<高3生コース>
第1志望に現役合格するためのコースです。

 

志望大学に合格するための受験勉強を「最適化」すべく、学習の「質」と「量」を徹底。

 

担任とスタッフも全力で生徒をサポートします。

<高卒生コース>
高卒生が志望大学に合格するためのコースです。

 

合言葉は「行ける大学ではなく、行きたい大学へ」。

 

効果的な学習カリキュラムと手厚い受験サポートで、現役時代の志望大学からラックアップを狙います。

四谷学院川越校の講師陣

四谷学院川越校は大学生のアルバイトを登用せず、講師全員が受験のプロフェッショナルです。

 

通年で行われる進路指導ガイダンスにも定評があり、効果的な学習方法や最新の入試情報、的確な進路指導が受けられます。

 

四谷学院川越校の料金

四谷学院川越校の料金はコースによって異なります。

 

下記は料金の目安です。

 

<東大コース>
授業料:625,000円
諸経費:72,800円
講習費:219,500円
合計:1,017,300円

 

<難関国立コース>
授業料:620,000円
諸経費:72,800円
講習費:219,500円
合計:1,013,300円

 

<国公立医学部コース>
授業料:625,000円
諸経費:72,800円
講習費:262,900円
合計:1,060,700円

 

<私立医学部コース>
授業料:615,000円
諸経費:67,800円
講習費:221,100円
合計:1,004,900円

 

<早慶理文コース>
授業料:615,000円
諸経費:67,800円
講習費:209,900円
合計:992,700円

 

<早慶文系コース>
授業料:605,000円
諸経費:67,800円
講習費:209,900円
合計:982,700円

 

四谷学院川越校の学習環境

<教室>
教室は比較的小さく、講師の肉声が届きます。

 

椅子は全てクッションチェア。疲れにくい姿勢で授業が受けられます。

 

<自習室>
四谷学院川越校の2階は自習室。

 

座席指定制なので席取りの必要がなく、スムーズに学習できます。

 

また、通常教室も常時開放されているので、集中し易い環境が選べます。

 

主要大学の赤本を揃えた「情報コーナー」も併設されています。

 

<個別指導教室ブース>
個別指導教室ブースでは、希望者のみが受講する「完全個別指導コース」の授業が行なわれます。

 

そのほか、四谷学院川越校の施設には面談室やほっとルーム(休憩室)が併設されています。

 

四谷学院川越校に生徒として通った場合のプラス

「55段階個別指導」と「科目別能力別授業」の2本柱で学力を向上させる四谷学院川越校。

 

生徒一人ひとりが現状と目的にあわせ、学習ペースを調整できるところも強みです。

 

また、カウンセリングは塾の強みを分かりやすく説明し、予備校にありがちな勧誘や電話営業は一切なし。

 

このように、生徒の学力向上に特化した体勢が、受験生の学力と心構えをグンと成長させるでしょう。

 

四谷学院川越校の合格実績

四谷学院川越校は、合格実績を人数ではなく、個人のコメント(顔写真付き)で紹介しています。

 

下記は、その一部抜粋です。

 

<合格大学>
東京大学理科一類/同志社大学理工学部
▼コメント
55段階は最初めちゃめちゃ基礎的なところから始まるのですが、「これちゃんとわかってる?何となくでやってるよ」と先生に指摘されて、自分だけではわからない、見逃しがち、手を抜きがちな基礎の部分を教えてもらえました。
引用元 https://www.yotsuyagakuin.com/exp-g/?cat=23

 

<合格大学>
京都大学工学部
▼コメント
入学して新学期が始まると、クラス授業も55段階も実に楽しかったです。クラス授業では人数が少ない分先生と話しやすいですし、55段階に至っては指導というより、先生との対話がメインでした。ただ、この近すぎるほどの距離でトコトン納得できるまで指導してもらえたからこそ、学力を伸ばすことができたのだと思います。現に、去年は46だった京大模試の偏差値は65にアップ!入学前では考えられないほど伸びました。
引用元 https://www.yotsuyagakuin.com/exp-zero/?cat=19&paged=9

 

<合格大学>
神戸大学工学部
▼コメント(保護者)
塾に行くこと自体が初めての体験でもあったのですが、先生方のご助力で特に問題もなく通っていました。学習面に関しても明確な目標として55段階があったので、「受験までに間に合わせるためには何時までに何段階まで進めなければならない」と自身で決めることが出来て、非常に良いシステムだと思いました。
引用元 https://www.yotsuyagakuin.com/exp-parents/?cat=19&paged=6

 

四谷学院川越校の評判

<生徒>
生徒の人数が比較的少ないため、講師との距離が近い。衛星授業でないため、講師に直接質問できる。

<保護者>
相談したときに、ちょっとめんどくさい感じでパスしたかったが、講師の話しを聞いているうちに引き込まれてしまった。

<浪人生>
個別指導の為、教材はその都度、志望校に合わせて先生が用意をしてくれました。自宅学習用のテキストは先生が指定してくれて、言われた通りに進めています。

 

 

桜凛進学塾について

この記事を読んでいるみなさんの中には、川越近辺の塾を探している!という方もいるのではないでしょうか?

 

桜凛進学塾では「無料受験相談」をおこなっており、

勉強の悩み相談や、合格に向けて今すべきことなどを細かくお伝えします。

 

 

「第一志望に受かりたい!」

「今の自分を変えたい!」

と思う気持ちが少しでもあれば、今の学力は関係ありません。

 

まずはお気軽に桜凛進学塾川越校の無料受験相談にお越しください。

桜凛進学塾川越校のページはコチラ

 

また、桜凛進学塾は大宮駅と浦和駅にも校舎を構えています。

 

ご自宅に近い方が良いという方は、ぜひそちらもご覧ください! 

桜凛進学塾大宮本校のページはコチラ

桜凛進学塾浦和校のページはコチラ


サブコンテンツ