立川の中高一貫校の数学の特徴

 

こんにちは!

 

桜凛進学塾立川校です!

 

今回は立川市における中高一貫校の数学の特徴についてお話ししたいと思います!

 

 

とにかく進度が早い!

 

 

先取りが基本

 

中高一貫校では数学の授業の進度がとにかく早いです!

 

一貫校では公立中学校と違い、数学は「代数」と「幾何」の2種類に分かれており、基本的に2種類の数学の授業が行われているのですが、同時に二種類の数学をどんどん先取りして進めていくことが大きな特徴です。

 

具体的には、中学1年生のうちに、ふつう中学2年生で習う予定の「連立方程式」や「一次関数」といった高度な内容を習うことになっています。このように先取り学習が基本となっているため、中学3年生のうちに「場合の数・確率」や「二次関数」といった高校範囲の内容も学習します。

 

 

復習する時間がない!

 

本来なら先の学年で行われるはずの内容を先取りしているため、なかなか復習をする機会がとりづらいです。

 

しかし数学は積み重ねの科目ですから、今までに習った範囲に抜けや漏れがあると、これから習う範囲の学習に支障をきたす恐れがあります。

 

例えば負の数や文字を含む式の計算をミスなくこなせなければその先で習う方程式や一次関数でつまづいてしまうかもしれません。

 

今までに習った範囲で苦手・不得意な分野がある場合は復習する必要があるのですが、学校の授業の進度も早く、またやるべき課題も多いのでなかなか復習を進める時間がとりづらいことも事実です。

 

学習が進むにつれて難しくなる

 

中学内容=簡単ではない!

先取り学習において中学内容はあっという間に終わってしまいますが、それは決して内容が薄い、簡単であるというわけではありません。扱う内容や概念が抽象的になり、計算や処理も複雑になりますから、徐々に学校について行けなくなる人も出始めます。

 

普段から疑問点や苦手な点を質問したり教えてもらえたりする環境があればよいのですが、自発的に復習をできる生徒さんはあまり多くありません。

 

高校生=高校内容ではない?

 

さきほど述べた通り、中学内容は正しく理解することは難しいです。また、中学3年生から高校内容に進みますが、基礎的な内容、つまり中学範囲の内容が身についていないと高校内容の理解に悪影響が出てしまう可能性があります。

 

そうなるとまず大事になってくるのが、中学範囲の総復習です!

 

ふつう中3, 高1では高校内容の数学Ⅰ・Aを学習しますが、そこの基礎に抜けや漏れがあるために結局どこかで復習をしなければいけなくなるという方は多いです。授業のペースが早いためどうしても先へ先へと意識が向いてしまいがちですが、まずはしっかりと足元を固めることを大切にしましょう。

 

 

長期休みやテスト後の時期を利用しよう

 

長期休みを利用して復習

 

先ほどまで述べた通り、中高一貫校の数学はとにかく進度が早いため、学校についていければ十分に力はつくのですが、そのためには苦手・不得意分野の復習が必要です。ただ、なかなかその復習のための時間が取れない…。

 

そんな時こそ、夏休みや冬休み・入試休みなどの休み期間を利用して復習を進めましょう!

 

もちろん学校からは休み期間用の課題が出されると思いますが、計画的に勉強すれば復習に充てる時間は十分に確保できると思います。遊んだり出かけたり、あるいは家でゆっくり過ごしたりと生徒さんそれぞれの時間の使い方があると思いますが、毎日1‐2時間でもいいので勉強する習慣を作れるといいですね。

 

テスト後の休みを利用して復習

 

長期休みは復習にうってつけの期間ですが、実は定期テスト期間の直後の1~2週間も復習を進めるいい機会だったりします。テスト直後なこともあって意外と明日までにやらなければいけない!ことが少ない場合があるのです。

 

テスト勉強の重圧から解放されて自由に過ごしたい気持ちも痛いほどわかりますが、ここで少しずつでもいいから復習を進めていけると、後の自分を救うことになりますよ!

 

 

 

 

まずは習慣作りから

 

とはいつつも、今までの話は理想論みたいなものです(笑)

休み期間を効果的に使って復習ができる人は正直なかなかいないですから。

 

もちろん、自分で勉強すべき内容を絞り出したり復習のペースを決めたりできれば理想ですが、やはり中学生や高校生で自分を律して勉強することは難しいです。

 

ただ、最終的に自学自習できるようになることを目指して、最初のうちは人に見てもらう形から勉強の習慣を身に付けていくことは非常に大切なことです。

 

桜凛進学塾立川校のカリキュラム

 

桜凛進学塾立川校では、生徒さん一人一人に合わせた授業のカリキュラムを、難関大が在籍(出身)の講師が作成して授業を行っています。

「今はまだ授業についていけているがこの先が不安」

「苦手・不得意分野をどうにかしたい!」

といった様々なニーズに対応できるので、ぜひ一度無料受験相談にお越しください!

 

 

 

 


この記事の作者
立川校
042-595-6636
〒190-0012
東京都立川市曙町1丁目22-13Crobis立川6F

サブコンテンツ