立川で私立文系の受験なら桜凛進学塾立川校!

こんにちは!

 

桜凛進学塾立川校では、私立文系の大学入試に力を入れています。

 

早稲田・慶應をはじめとしてGMARCH・日東駒専といった幅広い大学の受験に対応しており、毎年合格者も出ています!

 

私立文系の特徴

 

英語の重要性

 

私立文系の受験において最も重要な科目は「英語」です。

 

ほとんどの大学・学部学科において、英語の配点が最も高く設定されており、もはや入試合格のカギは英語が握っているといっても過言ではありません。

 

グローバル化・海外志向が謳われて久しいですが、最近では大学個別の試験で英語を課す代わりに、スピーキングやリスニングの技能も考慮に入れるために、「英検」や「TOEIC」などの英語の外部試験を導入している大学も増えてきています。

 

英単語の積み重ねや長文読解の経験の積み重ねなど、日ごろの学習の成果が問われるため、計画的に勉強を進めていく必要があります。

 

英単語の暗記や文法事項の学習など、様々な項目がありますが、中でも特に重要なのが「英文解釈」と「長文読解」です。

 

 

 

長文読解とは

 

先ほど、私立文系の受験においては英語の配点が最も高いと申し上げましたが、その英語の中で最も配点が高いものが長文読解です。

 

私立の場合はマーク形式の問題がほとんどで、内容正誤の問題や下線部の表現の意味や言いかえを問うもの、空欄に当てはまる適切な単語を選ぶ問題など、設問の形式は多岐にわたります。

 

しかし、そのどれも課題となる文章は長文であるため、結局は長文を読まなければ解けない問題となっているのです。

 

長文を速く・正確に読むためには日ごろの演習がとても大切です。

 

まずは、自分が少し簡単に感じるくらいのレベルから解き始め、徐々に難易度を上げていくとよいでしょう。

 

 

 

また、読めた!と思っていても、一文一文チェックしていくと、意外と訳せない箇所や、とりあえず日本語にはできるけどその意味がよくわからないということがよくあります。

 

解けはしたけど読めていなかった箇所を一つずつ丁寧に復習し、次に似た構造や表現を使った文が出てきたときに間違えないようにすることで、英語の実力は伸びていきます。問題演習は言わずもがな、復習も同じくらい重要です!

 

復習の仕方

 

ただ、毎日英語の長文読解の問題を解くことはあまり現実的ではありません。ですから、毎日長文に触れることを意識してください。

 

ここでいう「触れる」とは必ずしも問題演習のことを指しているわけではありません。

 

問題演習ができない日は代わりに「音読」をしてみてください。

 

前に一度読んだことのある文章で構いません。むしろ、前に読んだことのある文章の方が音読には向いています。

というのは、初見時とは違って文の形式や内容を少し知っているからこそ、段落ごとに内容を整理したり、話の流れ・繋がりなどより高度なことを意識して文章を読む練習ができるからです!

 

英文解釈とは

 

「英文解釈」という言葉にあまり聞き馴染みがない方も少なくないと思われますが、簡単に言ってしまえば「意味が通じる日本語訳をつくる」ということです。

 

実際に生徒さんの英語の授業をしているときに英文を日本語訳してもらうと、意味がわからなくはないけど違和感のある文章になることが多いです。

 

ここで、具体例を使ってみてみましょう。

 

This allowed us to complete the project.

 

という英文をとりあえず和訳してもらうと

 

「これは私たちがその計画を実行することを許した。」と訳す人が多いです。

 

何となく言っていることのニュアンスは掴めますが、イマイチ要領を得ない感じがあります。

 

A allow O to do は主語が無生物の場合、「AはOが~することを許す」ではなく「Aのおかげで、Oは~できる」と訳すとパッと意味の通る文を作ることができますから、

 

この文であれば「これのおかげで、私たちは計画を実行することができた」と訳せれば意味がよりはっきりとわかりますね。

 

 

 

このように、英単語帳の日本語訳をとりあえず繋いだ出来合いの訳から、正しく意味が通る訳を作る練習をするのが英文解釈です。

 

文を読む精度が上がって一文一文の意味を正確に把握しながら読むことができるようになるため、より深い内容の理解につながり、正答率のアップが期待できます!

 

何度も繰り返し復習・練習していくうちに、初見の文章でもテキパキと英文解釈ができるようになりますよ!

 

 

 

桜凛進学塾では

 

・長文読解の演習方法

・復習・音読の方法

・英文解釈の練習

 

の指導を行っています!

 

 

 

桜凛進学塾が大切にしていること

 

桜凛進学塾では社会科目や国語の指導も行っています。これらの科目は、単語や用語の暗記・文法事項の学習などの自学すべき部分の占める割合が大きいことが特徴です。

 

ただ、日本史や世界史などの社会科目は暗記量が多く、適切なスケジュール感を保って勉強することが難しいです。

 

また現代文や古典は英語や社会に比べるとどうしても重要度が落ちてしまうため、どのように勉強時間を確保するのかが難しいです。

 

桜凛進学塾では生徒さん一人一人に合わせて「どの参考書を・どのように進め・いつまでに終わらせるべきか」を明確にし、勉強のスケジュールを考案しています。

 

そして、週ごとに進み具合の確認・疑問の解消を行い、スケジュールを調整・変更しています。

 

というのも、そもそもの話、成績が最も伸びるのは授業を受けているときではなく、授業外の自学自習の時間です。

 

 

たとえ授業で新しい概念を説明されて理解したり疑問点を解消したりしても、その後にそれをもう一度復習して自分一人で再現できる力を身に付けなければ実力はなかなか伸びません。

 

残念ながら、授業を受けっぱなし・参考書や問題集を解きっぱなしのままにしてしまい、あと一歩のところで成績が伸びずに止まってしまう人は多いのが事実です。

 

 

そのため、桜凛進学塾立川校では、生徒さんに適した参考書や問題集を選ぶだけでなく

 

・具体的な復習のスケジュール

・何を意識して復習をすればよいのか

 

といったことを第一に考えて伝えています。

 

 

 

 

 

自分に合った勉強方法を!

 

桜凛進学塾立川校では個別指導を行っているため、生徒さん一人ひとりの実力に合わせた・その生徒さんに最も必要な授業を提供しています。

 

苦手分野を克服するための復習や、得意分野をさらに伸ばすための先取り・学校ではあまり扱わない単元の学習など様々なニーズに対応しています。

 

集団授業ではその教室の生徒全体のレベルに合わせて授業が行われるため、必ずしも自分に必要な内容を扱ってくれるわけではありません。

 

本当は基礎の復習が必要なのにどんどん先取りして応用的な内容ばかり扱ったり、自分で教科書や参考書で説明を読めばわかる内容をただ聞くだけの時間が生まれてしまったりと、何かと非効率的になりがちです。

 

当塾の授業では、苦手な単元だけ復習をしたり、自分で先取りして進めた内容の疑問点を解消したりと、生徒さん一人ひとりに合わせてピンポイントな授業を行っているため、「自分が今やるべきこと」を軸に勉強を進めることができます!

 

 

高1・高2から対策をしたい!

・部活と勉強を両立させたい!

・現役で早慶・GAMRCHに行きたい!

・勉強をサボっていたけど早慶・GMARCHに行きたい!

 

という方はぜひ無料受験相談へお越しください!

そのほかの受験や学校の勉強に関する相談・質問も大歓迎でございます!

 

↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 


この記事の作者
立川校
042-595-6636
〒190-0012
東京都立川市曙町1丁目22-13Crobis立川6F

サブコンテンツ