復習ノートの作り方

復習するってどうしたらいいのか

模試で間違えたところ、
過去問で間違えたところ、
なかなか覚えにくいなあ
というところ、

ここ復習しとこう!
って思っても、
具体的にどうしたらいいか
わからなくて
結局ほったらかし…

そういう経験、ありませんか?

そこで、
一つの復習の方法として、
間違いなおしノートを作ること
お勧めします。

復習ノートのすすめ

まずノートを一冊用意します。
持ち運んでほしいので
小さいサイズもいいかもしれません。

そこに、模試や過去問を解いて
間違えたところを書いていきます。

一問一答形式でもいいし
赤シートで隠れるように
オレンジペンで書くのもいいでしょう。

表や図など書くことが
多かったり難しかったりするときは
コピーして貼ってしまってもいいです。

そして、そのノートを
何度も何度も見返してほしいのです。

テスト前や過去問をやる前はもちろん
朝おきてすぐ後、寝る前、など
習慣として見返してください。

ノートに書くことが目的なのではなく
すぐ見返しやすいように
確認しやすいように
間違いノートに書いておく、
というイメージですね。

そしてこれはもう完璧!
となった部分に関しては
印をつけるなどして
なるべく見返す時の負担を
減らしましょう。

間違えた時が絶好のチャンス

自分が間違えた時。
それは自分の勉強の
抜けている部分を埋める
最大のチャンスです。

せっかく問題を解いて
できないところを見つけたのだから
一度間違えた問題は
完璧に覚えるようにしたいですね!

 


人気の記事

サブコンテンツ